本文へ移動

R3年度の近況情報

9月 ケアマネジャー

「まちっこカフェ」を開催しました!

 急きょ内容を変更して「まちっこカフェ」を開催しました。

 当初予定していた講師から「感染症予防のため延期して欲しい」との申し出があり、ケアマネジャー事業所のT管理者がピンチヒッターで登場です。

 参加された方からは、「今まさに介護が迫ってきている」「自分たちよりも息子や嫁の世代に聞かせたい」「知りたかったことを話してもらえて良かった」などの声をいただきました。

 「まちっこカフェ」(認知症カフェ)は、参加者を限定していません。認知症の方でも、「認知症かも?」と違和感を覚えた方でも、家族でも、大人でも子供でも、地域のどなたでも参加できます。認知症についての学びの場でもあり、「認知症になっても安心して暮らせる」地域づくりの取組の1つです。気軽に参加いただきたいと思います。

 (※)現在は感染症予防対策として事前予約制で人数制限しています。ご理解をよろしくお願いいたします。

9月 東恵園地域生活支援センター

センター内研修「まもって安心 事故防止」

 当センターでは、デイサービス、ヘルパー、ケアマネジャーなど、日々の業務の中で車両運行に関わる機会が多い事から、職員全員が事故防止への意識を【さらに】高めることができるよう園内研修を開催しました。

 鹿角警察署交通課の菅尾さんを講師にお迎えし、交通安全についての講話をいただきました。

 鹿角警察署管内で起こる交通事故の特徴、もし事故に遭ったら(起こしてしまったら)、もし相手が逃げたらなど、交通事故の傾向と事故を起こさないための知識を教えていただきました。

 参考までに、県北地区の運転特性として右折がらみの人身事故が多いそうです。私たちも皆さんも【特に】自分の右折・相手の右折に気を付けて事故を防止していきましょう!

 感染症予防対策として「3密」を避け、コモッセの講堂で研修を開催しました。

9月 多機能サービスかみはなわ

「敬老食事会」を開催しました!

「敬老の日」にちなんで、「敬老食事会」を開催しました。

 おはぎ作りの得意なAさんが、午前中に皆さんの分のおはぎを作ってくれました。

 また、昼食をはさんで、利用者の皆様へ感謝状と記念品(職員手作りのキーホルダー)を贈呈しました。

 これからもぜひ、健康で元気に過ごしていただきたいと思います。

 本日は、おめでとうございます! 職員一同

 (※)感謝状のお名前にモザイクをかけております。

9月 デイサービス

ある日の昼食

デイサービスのある日の昼食です。

<メニュー>
 ・ご飯
 ・磯のりの味噌汁
 ・ツナオムレツ
 ・土佐酢和え
 ・炒り豆腐
 ・白菜漬け
 ・フルーツカクテル

 S検食員:「オレ、磯のりが大好きなんですよ~」
 F調理員:「んだがぁ、へば、少し足してやるがなぁ~」
      (磯のりの袋を取り出し、ガサガサ、パッパッ)

 写真の味噌汁が「真っ黒」に見えるのは、こういった経緯があったからでした。

9月 多機能サービスかみはなわ

第99回 Gカップ争奪 in かみはなわ大会

 今日は、ボーリング(第99回 Gカップ争奪 in かみはなわ)大会です!

 ちなみに「Gカップ」の「G」は、「爺さん」の「G」。え?「爺さん」は「J」のような気が…。細かいことは気にしない気にしない。

 さて、本物に似せたピンを使用しているので本番さながら、利用者様の顔が本気モードです!

 なかなかストライクが出ず、「あーーーっ!!」「惜しいーーーっ!!!」と、とても盛り上がりました。

9月 高齢者センター

「いきいき学級」を開催しました!

 今月の「いきいき学級」では、「お花のパフェ」という題材で、フラワーアレンジメントを作りました。

 最初、器に彩り良く砂を入れ安定させ、その後、工夫を凝らしながら飾り付けて作品の完成です。

 出来上がった作品をお互いに見せ合い、「食べたくなるくらい可愛い」などと笑顔でお話しされていました。

 先生より、「フラワーアレンジメントとは、花を整える・組み合わせる・飾り付ける、という意味です。このコロナ禍の中、様々な色を楽しんでいただき、ホットな気持ちになってほしいと願い今日の作品を考えました」とお話を頂戴しました。

9月 デイサービスてとてと

大湯環状列石が世界文化遺産へ!

 今回の写真は「まちがいさがし」にしましたので、挑戦してみてください。

 大湯環状列石は、秋田県鹿角市にある縄文後期の遺跡です。「北海道・北東北の縄文遺跡群」のひとつとして、令和3年7月27日、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

 世界文化遺産登録を記念し、「てとてと」の創作活動でストーンサークルの作品を制作しました。利用者様からは、「地元の川から運んできた石を使っている」だとか、「あの組石は日時計の形だ」、中には、「バイトで発掘作業に携わった」方もいらっしゃいました。

 縄文時代のロマンを感じることができた、そんな創作活動でした。

9月 十和田地域包括支援センター

「どまっこサロン」を開催しました!

「旦那への怒りをスリッパに込めるとよく飛ぶ!」

 さて、今月も「どまっこサロン」を開催しました。コロナ禍のため会食はナシにしたのですが、それでも最近では参加者数もかなり増え、ここ十和田地域で「フレイル予防」の意識が高まってきていると実感しています。

 いつも通りシルバーリハビリ体操にはじまり、今回のレクは「スリッパ飛ばし」で心も身体もリフレッシュ!日ごろのうっぷんをスリッパにぶつけることで、いい感じにスリッパを飛ばせるのだそうです。

 10月以降も「どまっこサロン」は【毎月第1木曜日、または第2木曜日】に開催します。参加を希望される方は、当センターまで事前にご連絡ください。(電話:0186-25-8264)

9月 多機能サービスたぐちさんの家

「回想法」を行いました!

 昔風に白黒写真を掲載してみましたが、いかがでしょうか。

 さて、今回は「鉄道」をテーマに回想法を行いました。

 利用者様からは、SL、国鉄、省線、、、といった言葉が飛び交いました。職員も一度は聞いたことはあっても、「古い言葉」としての認識しかないものばかり。話の中に「ヨウサントオ」という言葉も出てきて、職員はチンプンカンプン。詳しく教えてもらったところ、昭和43年のダイヤ改正のことだそうです。利用者様の記憶力ってスゴイですね!

 毎回「回想法」を担当しているのは、「ヤナさん」の愛称で利用者の皆様から親しまれている職員です。

9月 デイサービス

「シルバーリハビリ体操」のご紹介

 道具を使わず、いつでも、どこでも、ひとりでもできる介護予防「シルバーリハビリ体操」。

 当デイサービスでは、月2回、地域住民主体型のスタイルで体操指導士をお招きしております。

 鹿角市ではすでに「広報」でお馴染みなとなってきた「シルリハ体操」。

 利用者の皆様も無理なく参加され、体操指導士とともに健康長寿を目指しています!

9月 デイサービスてとてと

カレーを手作りしました!

 利用者様と職員で、昼食を手作りしました。

 <本日のメニュー>
  ・夏野菜カレー
  ・コーンサラダ
  ・卵スープ
  ・スイカ

 さすが主婦の皆さんです!こちらで手伝おうと考えていたのですが、職員は見学していました。

 コトコト煮込んだスパイシーなカレーに野菜の甘味が加わって、「美味しいよ~」と大変好評でした。


9月 訪問入浴

9月 Offer The Bathing 通信(訪問入浴ミニ新聞)

9月 ヘルパー

9月 ヘルパー通信(ミニ新聞)

9月 ケアマネジャー

9月 ケアマネジャー通信

8月 多機能サービスかみはなわ

俳句シリーズ(その7)

監督と 8月最後の スイカ割り

 俳句シリーズ(その7)です。

 今日のイベントは「スイカ割り」!通っていただいている利用者様全員で行いました。

 難しいのではないかと思っていたところ、ほとんどの方がヒットしたので驚きました!

 多機能サービス「かみはなわ」では、目隠し代わりのサングラスが公式ルールとなっております。

 

8月 デイサービス

「花輪ばやし同好会」の皆様、ありがとうございました!

 「花輪ばやし」は、毎年8月19~20日に行われる伝統行事です。コロナ禍で、昨年に引き続き今年も中止が決定されました。鹿角市内は町内行事もなく、地域に元気がありません。

 そこで、利用者の皆様を少しでも元気づけたいと、「花輪ばやし同好会」の皆様から「花輪ばやし」を演奏していただきました。屋外での演奏ということもあり雨が心配されましたが、利用者の皆様の熱い思いで雨雲を蹴散らし、間近で「花輪ばやし」を楽しむことができました。

 手踊りをしたり、一緒に掛け声をあげたり、中には涙を浮かべる利用者様もいて、こうやって「花輪ばやし」を感じていただくことができ、本当に良かったと思っております。

 「花輪ばやし同好会」の皆様、本当にありがとうございました!

 (※)感染症対策として、屋外で演奏していただきました。

8月 東恵園地域生活支援センター

センター内研修「腰痛を予防しよう」

 「アイタタタタタタッ」
 「先生、これ以上届きません!」
 「痛いけど気持ちイイ~」

 あちらこちらで、様々な声が聞こえてきます。

 今回の研修では、「+α」の金澤渉さんを講師にお迎えし、腰痛予防の運動と、業務や日常生活で取り入れることができるストレッチを学びました。 

 これからも業務の前には各自がストレッチを行い、腰痛予防に努めていきたいと思います。

 ※「密」を避けるため、広い会場で2日に分けて研修を行いました。

8月 多機能サービスかみはなわ

黒ひげ危機一髪!

 今日のレクリエーションは、「黒ひげ危機一髪」です。職員は子どもの時に遊んだ思い出がありますが、利用者様にはあまり馴染みがないようです。

 それでも、ルールを説明しますと、楽しそうに剣を樽に刺していきます。職員だけがドキドキして、剣を刺す利用者様ご本人があまり怖がっているように見えないのが不思議です・・・。

 多少のことでは動じない、肝が据わっている利用者様、何だかステキです。

 周りの利用者様も心配そうに見守っていて、そんな雰囲気がほんわかしますよね。

8月 デイサービス

見事な庭園に生まれ変わりました!

 昨年度までは、野菜が中心となっていたデイサービスの中庭が、見事に生まれ変わりました!

 ここまできたら、「中庭」から「庭園」に呼び方をレベルアップしてもイイですよね?

 写真の右下には、これまでコツコツと作業に取り組む利用者様とN看護師の姿を貼りました。本当にありがとうございます。

 今日は久しぶりに汗ばむぐらいの陽気でした。ひまわりがお日様を探して、ウ~ンと首を伸ばしています

8月 多機能サービスたぐちさんの家

俳句シリーズ(その6)

ホレそこだ それそれオレのだ 口で取る

 俳句シリーズ(その6)です。

 今週は雨が続き、肌寒い日もありました。皆様の体調はいかがですか。

 「たぐちさんの家」の利用者様は、屋内でも元気に楽しく過ごしておられます。特に「カルタ取り」は、雨天時の過ごし方上位にランクインします。雨の日のどんよりとした気分を吹き飛ばすのにもピッタリです!

8月 ケアマネジャー

「まちっこカフェ」を開催しました!

 「まちっこカフェ」(認知症カフェ)を開催しました。

 今月は「おはなしくれよん」の皆様から、夏にちなんだ紙芝居を披露していただきました。

 親子のクジラの話、タニシをモチーフにした話、日本一周の話、宮沢賢二の話などなど。

 紙芝居は「子供向け」という印象がありますが、そんなことはありません!

 紙芝居を見たり一緒に参加することで、認知症の予防につながると言われています。心から笑い、頭を使ったりすることで、元気になれる効果があります。

8月 多機能サービスかみはなわ

夏の終わりのバーベキュー

今日の食材と
昨日の笑い声が
二人だけの恋のバーベキュー

夢もあこがれも
どこか違っているけど
それが僕と君のバーベキュー

うちわをただ仰いでいるだけ
誰よりも炭火が好きだから
ステキなキミ 焼き鳥を
いつまで ずっと 焦がさずに

8月 デイサービス

今年最初で最後の「花輪ばやし」!

 デイサービスでは、有志の皆様による「花輪ばやし」の演奏を企画しています。

 「花輪ばやし」は、毎年8月19~20日に行われる伝統行事です。コロナ禍で、昨年に引き続き今年も中止が決定されました。鹿角市内は町内行事もなく、地域に元気がありません。

 そこで、市役所の職員さんを中心とした有志の皆様から、デイサービスで「花輪ばやし」を演奏していただきます!暑さを忘れて、皆さんで「花輪ばやし」を楽しみましょう!

 なお、感染症対策として、演者の出入口、演奏場所、ソーシャルディスタンス等徹底してまいります。また、感染症の状況により急きょ中止とさせていただく場合があること、あらかじめご了承いただきたくよろしくお願いいたします。

8月 ヘルパー

あっ!白鳥!

 今日は久しぶりの青空です。こんな日は、普段よりも心が軽くなりますよね。

 あっ!白鳥!

 「はなわまちなかエリア」の駐車場から撮影しました。雲が、羽を広げた白鳥の姿にそっくりです。。。分かりますよね?ちなみに、当センターのモットーは、「青空のような さわやかさを お届けします」です。

 ヘルパーを(私を)待っている利用者様がいます。

 午後からも、さわやかな笑顔をお届けしてきまぁ~す!

8月 デイサービスてとてと

「なべっこ会」を開催しました!

 すっきりしない空と、肌寒い日が続いています。時折、日差しが届く時もありますが、晴れてもヒンヤリといった天気です。

 そんな夏の終わりには、そう!「なべっこ会」です!

 デイサービス「てとてと」は、定員12名の少人数のデイサービスです。利用者様も職員も顔なじみの関係で、アットホームに和気あいあいと過ごすことができます。

 みんなで「鍋」を作って、乾杯して、食べて、飲んで、心もカラダもぽっかぽかです。

8月 ヘルパー

「地域活動」に同行しました!

 鹿角市が実施している地域活動は、「在宅の障害者に対して、創作的・生産活動の場の提供や社会との交流の促進 」を目的としています。

 私たちヘルパーは、その活動に参加する利用者様の付き添いも行っております。

 今回は、「レクダンス」教室に同行しました。

 音楽に合わせて体を動かすため、普段行っている体操とは違う雰囲気で体を動かすことができます。

 リズムに合わせて体を動かすのって、すごく楽しいですよ~♪

8月 デイサービス

「ひまわり」を創作しました!

 完成した作品の前で、はいチーズ!

 デイサービスの個別メニューの1つで、創作活動の「貼り絵」に取り組みました。

 なんと、この作品は、写真に写っている利用者様お一人で取り組まれたものです。

 季節にあった様々な風景を、月1作品のペースで作られています。

 (実際に取り組んでいる様子は、当法人のFacebookと、当センターのInstagramに掲載します)

8月 多機能サービスかみはなわ

交通安全を祈願し「車祓い」!

 リクライニング式車椅子でも乗車できる、最新式の軽自動車を購入しました。

 まずは、交通安全祈願のお祓いをしていただき、その後、車椅子の安全な乗車・降車の練習を行いました。

 (写真の2人、仲が良いと思ったら同級生だったそうです)

 「多機能サービスかみはなわ」は、「通い」を中心に「訪問」・「宿泊」も利用できるスグレモノの介護サービスです。通ったその日に泊まったり、短時間の訪問を1日3回など、必要性に応じて自由自在に組み合わせることができるのです。お気軽にお問い合わせください。

8月 多機能サービスたぐちさんの家

俳句シリーズ(その5)

直伝の スコップ三味線 ベンベンベン

 俳句シリーズ(その5)です。

 毎月恒例の「花まる会」様が来園しました。スコップ三味線の勢いが、とどまるところを知りません。

 いつもは職員が2本のスコップを奪い合っていましたが、今回はスコップの本数を増やし、利用者様からも演奏していただきました。

 誰でもすぐに、それなりに演奏できるのが、スコップ三味線の楽しいところです。

 稲垣さん、神田さん、いつも元気をありがとうございます!

8月 ヘルパー

「地域活動」に同行しました!

 鹿角市が実施している地域活動は、「在宅の障害者に対して、創作的・生産活動の場の提供や社会との交流の促進 」を目的としています。

 私たちヘルパーは、その活動に参加する利用者様の付き添いも行っております。

 今回は、「絵手紙」教室に同行しました。

 利用者様の作品はどれも味があって、何だか嬉しくなるものばかり。

 「絵手紙」の先生からは、「心のままに書くのが絵手紙です。絵心が無くても大丈夫。大切な誰かを思いながら書けばイイのです」と教わりました。

8月 デイサービス

竹浪正造さんの絵日記コーナー

 皆さんは、竹浪正造さんという方をご存知でしょうか。

 今から10年ぐらい前に「ナニコレ珍百景」で絵日記が取り上げられ一躍有名になった方で、ご自身の光輝くアタマで親睦を深めようと「ツル多はげます会」を創設されるなどマルチな才能をお持ちの方です。

 当センターには竹浪正造さんと文通していた職員がいて、ここに展示している作品は竹浪さんから頂いた直筆の絵日記です。多くの利用者様が足を止め、この多くの絵日記に見入っておられます。

 生き生きと弾むようなタッチで描かれた絵日記は、当センターの憩いの空間です。

 竹浪正造さんの紹介ページ(鶴田町役場HP)

8月 ケアマネジャー

8月 まちっこカフェ(認知症カフェ)

 「まちっこカフェ」(認知症カフェ)は、はなわまちなかエリアで毎月18日に開催している「認知症を理解するためのカフェ」のことです。

  認知症にまつわること(病気のことや予防法など)について、皆さんでお話しませんか。 

 参加費は無料です。

 皆さんお誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。

 (※)感染症の状況により急きょ中止となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

8月 多機能サービスかみはなわ

俳句シリーズ(その4)

まかせとけ みそ付けタンポの 焼き加減

 俳句シリーズ(その4)です。

 「かみはなわ」と「グループリビング」の間の日陰で、「みそ付けタンポ」を焼きました。

 女性陣は建物の中で「きりたんぽ」づくり。炊き上げたお米を半殺しにして、棒に巻き付けていきます。

 焼き加減は、甘ぁ~い味噌が少ぉ~し焦げた感じで香ばしく、味も歯ごたえもちょうど良いです!

 監督、ありがとうございます!また、お願いします!

8月 デイサービス

歳の差107歳!

 歳の差107歳!

 デイサービスを利用されている最高齢の利用者様と、育児休暇でデイサービスを離れている職員の赤ちゃんとのご対面!

 赤ちゃん:「おばあちゃんもまだ歯が生えてきてないの?」

 利用者様:「アンタもあと107年生きたら分かるわよ」

 赤ちゃんからお年寄りまでが安心して過ごせる、こころ温まるデイサービスにしていきたいと思います。

8月 ヘルパー

「地域活動」に同行しました!

 鹿角市が実施している地域活動は、「在宅の障害者に対して、創作的・生産活動の場の提供や社会との交流の促進 」を目的としています。

 私たちヘルパーは、その活動に参加する利用者様の付き添いも行っております。

 今回は、一人カラオケ♪に同行しました。

 利用者様は「高校三年生」を熱唱され、この歌が流行した当時を振り返っていたようでした。

 私は、自分が高校生だったころ、学校で先生がみんなと歌っていたことを思い出しちゃいました(年齢がバレちゃう?)。

8月 デイサービス

俳句シリーズ(その3)

 スイカ割り まずはボールで ためし斬り

 俳句シリーズ(その3)です。

 8月に入り夏本番!それにしても、今日はとても暑かったですね。そんな時は、みんな大好き「スイカ割り」です。

 スイカ割りの前に、紙風船とバレーボールでためし斬り。

 バーン!といい音がホールに響き渡ります♪

 キレイにスイカが割れたところで、利用者様から召し上がっていただきました。

 甘くて美味しかったです。

 

8月 デイサービス

夏のインターンシップ!

 インターンシップ生として、十和田高校の生徒さんが当デイサービスに職場体験に来ました。

 素直で礼儀正しく、何より表情が明るい!

 利用者様とコミュニケーションをとるのも大変上手だったので、生徒さんに「福祉の勉強をしたいの?」と聞いたところ、高校を卒業したら福祉の仕事に就きたいと考えているとのこと。

 センスは申し分ありません。あとは知識を吸収するのみ。アナタはその笑顔で、沢山の人を幸せにできる介護員になれます。A主任介護員のお墨付きです!

8月 訪問入浴

8月 Offer The Bathing 通信(訪問入浴ミニ新聞)

8月 ヘルパー

8月 ヘルパー通信(ミニ新聞)

8月 ケアマネジャー

8月 ケアマネジャー通信

7月 多機能サービス たぐちさんの家

夏の風物詩「そうめん」

 厳しい暑さが続き、つるつると喉越しの良いものが食べたくなるこの季節。 

 夏はやっぱり「そうめん」ですよね。本当は「流しそうめん」を行いたいところですが、この御時世ですから・・・。

 利用者様と職員とが一緒に作った「カラフルそうめん」、美味しそうでしょう?

 皆様、美味しく召し上がっておられました(^_-)-☆

 

 

7月 デイサービス

歓迎 音楽愛好会「ことね」様!

 音楽愛好会「ことね」の皆様が来園してくださいました!

 「河内おとこ節」に始まり、利用者様との歌や手遊び、さらにはフルートの演奏に職員もうっとり。

 最後は、混成3部合唱による「風になりたい」!

 夏にまつわる歌をチョイスしていただき、1時間ほどのコンサートはあまりに贅沢で嬉しい時間でした。

 音楽愛好会「ことね」の皆様、暑い中、本当にありがとうございました!

7月 十和田地域包括支援センター

十和田小学校地区探検!

十和田小学校の生徒さんが、「どまっこ」の見学に来ました。

「ここは何をしていた建物ですか?」
「誰が使っていますか?」
「どうして『どまっこ』って言うんですか?」

 といった質問が生徒さんからありました。

「この建物は明治時代に建てられた酒屋さんだったよ」
「お友達とお勉強などするときに使ってね 」
「昔は土間があったから、『っこ』を付けて『どまっこ』だよ」

 とお返事しました。

(※)十和田小学校より、SNS掲載の許可をいただいています。

7月 多機能サービスかみはなわ

がんばれ!ニッポン!

 がんばれ!ニッポン!

 東京2020オリンピックの開会に合わせて、創作活動を行いました。

 日本代表選手だけでなく、すべて国の選手・(特に医療)関係者の皆さんにエールを送ります。

 写真は、応援する旗を作っているところと、利用者様がソフトボールを応援している風景です。

(開会式の写真は、国際オリンピック委員会によるオリンピックの日本語公式アカウントからの転載です )

7月 多機能サービスかみはなわ

俳句シリーズ(その2)

監督の 「良し」が出てから 裏返す
 
 俳句シリーズ(その2)です。

 「手作りどら焼き」づくりの写真です。

 出来上がった生地は、監督の厳しいチェックのもと、職員が焼きました。監督は、焼き上がり・裏返しのGOサイン・味見までが担当です。

 監督からOKが出た「どら焼き」は、あんこをたっぷりとはさんで、3時のオヤツに皆さんでいただきました。

7月 多機能サービスかみはなわ

俳句シリーズ(その1)

 九十九 歳の数だけ かき混ぜる

 俳句シリーズ(その1)です。

 「手作りどら焼き」づくりの写真です。

 生地を混ぜてくださっているのは、99歳、「かみはなわ」最高齢の利用者様です。

 99回しっかりと混ぜていただいたので、しっかりとした生地ができあがりました。

7月 ケアマネジャー

毎月18日は「まちっこカフェ」

 7月の「まちっこカフェ」では、ZOOMで行いました!

 講師は「くもん学習療法センター」の飯山勝彦先生、テーマは「スマートエイジング~楽しく歳を重ねませんか~」でした。

 いくつになっても脳の機能は改善できる
 「加齢」は決してネガティブなことではない
 死の直前まで、明るく前向きに生きる

 など、脳とカラダの両方を元気に保つための意識づくりを学びました。

 参加された皆様からは、「離れていてもこんなことができるんだ」と積極的に講師と会話され、オンラインでも参加者を笑顔にできることを実感した、そんな「まちっこカフェ」でした。

7月 デイサービスてとてと

しゃっこくてメなー

 連日の30度超え…。こんな時は「かき氷」に限ります!

 今年初の「かき氷」に、利用者様も「しゃっこくてメなー(訳:冷たくて美味しいねー)」と喜ばれていました。

 まだまだ暑い日が続くようですので、かき氷の機械は今後も活躍しそうです!

7月 デイサービス

手作りおやつ(ヘルシー白玉ぜんざい)

 豆腐と白玉粉を混ぜて作った「ヘルシー白玉ぜんざい」を手作りしました。

 練って・ちぎって・丸めて、湯せん、あんこのトッピングと、すべて利用者様にお任せしました。

 担当された利用者様の中には、(調理をすることが)「久しぶりだな~」と感激する方もおりました。

 軟らかい白玉と、ほどよく甘ぁ~~~いあんこが大好評の「手作りおやつ」でした。

7月 多機能サービスかみはなわ

「花まる会」様が来園されました!

 暑さが続いていますね。聞いたところによると、8月の暑さが前倒ししているのだとか。

 さて、そんな暑さを吹き飛ばすべく、「花まる会」様が来園されました!

 稲垣さんの唄や踊りに合わせて利用者様も手踊りをするなど、笑顔をたくさん見せてくれました。

 利用者様からは、暑さを忘れて楽しんでいただけたと思います。

7月 十和田地域包括支援センター

7月「どまっこサロン」を開催しました!

 7月「どまっこサロン」を開催しました。

 暑い夏を乗り切るため、シルバーリハビリ体操、タオル体操で元気に体を動かしました。

 次回は、8月12日(木)です。「3密」を避けるため、申し込み多数の場合は参加をご遠慮させていただくことがあります。参加を希望される方は、3日前までにご連絡ください。

(※)熱中症警戒アラートが発表されている地域の皆様、冷房を適切に使い、こまめに水分を取ってください。

7月 デイサービス

御年107歳の「すうじ盤」!

 御年107歳の「すうじ盤」!

 30コマの「すうじ盤」を驚きのスピードで並べます。 

 耳はだいぶ遠くなってきたけれど、若いモンにはまだまだ負けませんよ~。

 長生きのヒケツは、孫さんからの応援や励ましだと思うのは私だけではないはず(内輪ネタですみません)。

7月 多機能サービスたぐちさんの家

月山神社例大祭

 例年、7/12は「月山神社例大祭」が執り行われるのですが、昨年はコロナの影響で中止されていました。

 今年もダメかなと思っていたところ神事のみ執り行われ、それだけでも有難い話ですし、決断された皆様方のご労苦に頭が下がります。

 商店街を(もちろん「たぐちさんの家」の前も)歩かれ、利用者様は手を合わせていました。

 以前のような生活が戻りますように。。。

 (右上)月山神社の写真は、「旧跡見所ナビ」から転載させていただきました。

7月 多機能サービスたぐちさんの家

創作活動「ひまわり」です!

 大雨による被害が続いておりますが、「たぐちさんの家」では少しでも明るい雰囲気を作りたいと、利用者様と一緒に「ひまわり」を創作しました!

 完成した「ひまわり」は、とても明るく華やかに出来上がりました!

7月 ケアマネジャー

介護支援専門員協会 第1回研修会

 先週の土曜日、研修会に参加しました。

 講師から、「自分がケアマネジャーになろうと思ったきっかけは?」と投げかけられ、数年前、自分のスキルアップのために勉強を始めたことを思い出しました。

 「ケアマネジャー」という仕事は介護保険サービスだけを調整する仕事ではでなく、利用者様の生活・環境全般を支援する「ライフマネジメント」の仕事だと思っています。

 写真は、能代市で開催された「秋田県県北地区介護支援専門員協会」研修会の様子です。

7月 デイサービス

でい散歩

 利用者様と一緒に、センターの周りを「でい散歩」しました。

 天候はあまりすぐれませんでしたが外は暖かく(少し暑いぐらい?)、時折吹く風が気持ち良かったです。

 写真の利用者様は普段はセンター内を散歩して、他の利用者様や職員と出会ったり話をしたりするのが好きな方です。

 本家「ちい散歩」の地井武男さんのように、色々な方との会話を大切にされています。

7月 デイサービスてとてと

七夕様に願いを込めて・・・

 「てとてと」の七夕飾りが完成しました。

 利用者の皆様は、思い思いに短冊に願い事を書いていました。

 「長生きしたい」
 「心もカラダも健康でいたい」

 いつまでも元気に「てとてと」に来てくださいね。

7月 デイサービスてとてと

2021アユ釣りが解禁!

 2021年7月1日のアユ釣りの解禁に合わせて、アユをモチーフにした創作活動を行いました。「釣り」が趣味の職員が、利用者様に色々な話題を提供しながら制作しました。

 アユは石に付着したコケを食べ、そのコケを巡る縄張り争いがある。でも、中には縄張り意識の低いアユがいる。アユのオスとメスを見分けるのは難しい。美味しいアユは果物の香りがする。などなど。

 さて、創作活動で生まれたこのアユたちは、どのようなアユなのでしょうか。

7月 多機能サービスかみはなわ

「七夕お食事会」を開催しました!

 暑い夏を乗り切れるよう、夏野菜たっぷりのカレーライスを手作りしました。思いのほか沢山できたので、おかわり自由です。

 センター長は、食事会の挨拶と交換条件に、ちゃっかりご馳走になっていました。

 デザートには、涼やかにライトブルーの手作りゼリーをいただきました。オン・ザ・アイスです。

7月 ヘルパー

地域活動「アップル教室」に参加しました!

 地域活動の創作活動教室「アップル教室」に参加しました。

 講師に教えていただきながら、カゴを作りました。

 なかなかステキに出来たでしょ?

 ん~、自分の部屋に置くことは決めているんだけど、中には何を入れようかなぁ~。

7月 ケアマネジャー

7月 まちっこカフェ(認知症カフェ) ポスター

7月 訪問入浴

7月 Offer The Bathing 通信(訪問入浴ミニ新聞)

7月 ヘルパー

7月 ヘルパー通信(ミニ新聞)

7月 ケアマネジャー

7月 ケアマネジャー通信

6月 東恵園地域生活支援センター

センター内研修「接客接遇について」

 2日間に分けて、「コモッセ」でセンター内研修を開催しました。テーマは「接客接遇」。

 当センターでは、①親切、②丁寧、③迅速の3つをモットーにしてますが、今回の研修では少し踏み込んで、「接遇マナー基本5原則」を職員全員で再確認しました。当センターが考える接遇マナーの基本原則は、①あいさつ、②言葉遣い、③笑顔、④態度、⑤身だしなみの5つです。

 また、私たちが忘れがちな接遇マナーとして、目線の高さや距離感、電話の応対などが挙げられ、その最善策等をグループワークで話し合いました。

 今後も私たちは正しい接遇マナーを実践することで利用者様の尊厳を守り、利用者様やご家族との信頼関係を深めてまいります。

6月 多機能サービスかみはなわ

「スコップ三味線」再び!

 先日「花まる会」様が来所され、演芸を披露していただきました。

 職員の登場でおなじみになってきました「スコップ三味線」ですが、今回はなんと!利用者様から参加していただきました。満面の笑顔でスコップを奏でられ、「花まる会」様の踊りとも息ピッタリ!

 「花まる会」様、いつも楽しい時間をありがとうございます!

6月 多機能サービスたぐちさんの家

「お楽しみ食事会」を開催しました!

 「お楽しみ食事会」を開催しました。

 前日にフルーツゼリーを作り、それを冷やしておいて、今日、皆様にお出ししました。
 梅雨に入ったとは言え日差しの暑い今日のような日には、冷たいデザートが最高です。

 「色っこイイごど~」
 (訳:色合いがステキね)

 「めがった、おかわりねぇのが」
 (訳:美味しゅうございました。おかわりはありますか)

 梅雨だけに「to you」、あなたの分、ありますよ。

6月 デイサービス

「なべっこ会」を開催しました!

 利用者様と一緒に、ミズやタケノコなど具沢山の「山菜鍋」を作りました。

 当初は醤油ベースと味噌ベースの2種類を考えていましたが、結果、味噌ベース1種類を1つの鍋で作りました。地元ではおなじみの「山菜鍋」ですが、デイサービスにて大勢で食べる「山菜鍋」は、普段よりも一段と美味しく感じたとの感想もありました。

 ちなみに、今回の鍋奉行は、看護師のTさんでした(〃艸〃)ムフッ 

 また、利用者様のお膳に添えたカエルの折り紙も好評で、持ち帰っておられました。

 今後も利用者の皆様に喜んでいただけるよう、色々な「○○○会」を考えてまいります。ぜひ、お楽しみに~♪

6月 ヘルパー

動物にも愛されるヘルパーです!

 利用者様の支援を終え玄関先で立ち話をしているところを、承諾を得て写真を撮らせていただきました。

 当センターのヘルパーは利用者様・ご家族だけではなく、動物からも愛されるヘルパーなのであります!

6月 ケアマネジャー

6月「まちっこカフェ」(認知症カフェ)を開催しました!

 「NO!脳卒中 ノーサンキュー!」をテーマに、6月の「まちっこカフェ」(認知症カフェ)を開催しました。

 今回初めて参加された方もおり、『「認知症にならないためにはどうしたら良いか?」という気持ちを抱えていたけれども、皆さんがいつも来ていることを知り(仲間がいることを知り)、次回もまた参加したい』と仰っていました。

 以前はカフェをイメージして丸テーブルを出していましたが、今は感染症対策で教室スタイルにしています。全員が前を向いてしまうため参加者同士のコミュニケーションが少なくなって寂しいですが、これからも「認知症」にまつわる色々なテーマで「まちっこカフェ」を継続していきたいと思います。

6月 多機能サービスかみはなわ

「山菜食事会」を開催しました!

 採りたての山菜をメイン食材に、「山菜食事会」を開催しました。

 利用者の皆様には、前日に下ごしらえをお願いしました。慣れた手つきで、ミズの葉を取ったり薄皮をむいていただきました。茹でた後は冷水にさらして、しっかりと冷ますようコツを教えていただきました。

 当日は、冷蔵庫で冷やしておいたミズを使い、炒め物やおひたしを作りました。すべて手作りだったのですが、下ごしらえのお陰でスムーズに調理することができました。

 「一度に食べきれるのか?」と心配していたこの量も(写真をご覧ください)、美味しくいただくことができました。

6月 十和田地域包括支援センター

「どまっこサロン」を開催しました!


 6月の「どまっこサロン」の創作で、カレンダー作りを行いました。

 参加者の皆様は色の組み合わせや花の位置など、真剣に考えながら貼り付けていました。

 出来上がったカレンダーをお互いに見せ合い、笑顔で会話をされていました。

 「オメのさ、かたつむりがいっぺーいるねが」
 (訳:あなたのカレンダーには、かたつむりが沢山いますね)

 「そのアジサイの色っこだば、めごいごどー」
 (訳:そのアジサイの色は、とてもカワイイですねー)

6月 デイサービス

「さつき展」は今週で終了です!

 毎年、「利用者の皆さんから見ていただきたい」と、素敵なさつきを持ってきてくださる、ご近所の方がいらっしゃいます。ご自身が運転して、大きい車で鉢植えを何個も持ってきてくださいます。
 
 多くの利用者様が足を止めて立ち話になり、

 「前回はなかったけど、今日だば来てすぐに分がっだ、そろそろだと思ってた」
 「花はずっと見ていられるから不思議だやな~」
 「あんやー、たまげたな(訳:キレイで驚いたな)、プロの人に頼んでらんだが?」

 楽しそうな雰囲気が、お二人の背中を見て分かりますよね。あと、プロではなく趣味でやられている方だと思います。

 M野さん、毎年ありがとうございます((´∀`*))

6月 十和田地域包括支援センター

可愛らしい、ステキな作品が出来上がりました!


 多世代交流スペース「どまっこ」をいつも利用していただいている、手芸サークルの皆様の作品が出来上がりました。

 3月に「つるし雛」を飾っていただいた後も、こうやって完成した作品を展示していただいております。

 いかがですか?
 
 作品はどれも可愛らしく、穏やかな雰囲気があってステキですよね?

 多世代交流スペース「どまっこ」は、地域の皆様が集い、交流していただく場を無料で開放しております。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 (住所:鹿角市十和田毛馬内字毛馬内63番地1 電話:25-8264)

6月 デイサービス

「なべっこ会」を開催します!

 毎年恒例の「なべっこ会」を開催します!

 「なべっこ会」は秋のイベントと思われがちですが、ここ鹿角では山菜が採れるシーズン(5~6月)にも「なべっこ会」を行う風習があります。

 デイサービスをご利用される皆様で、山菜風味たっぷりの鍋を楽しみましょう!

 ちなみに「なべっこ」というネーミングは、戦後以降のことだとデイサービスの利用者様から伺いました。しかも、昔は鍋を持って山に入り、獲物や山菜を山の中で料理していたそうです。

 ワイルドですね~♪

6月 ヘルパー

「ヘルパー募集」のチラシです!

 年齢を問いません、ブランクのある方(実務未経験)でも大丈夫です!もちろん経験者も大歓迎です!

 初めて訪問介護員(ホームヘルパー)として働く場合は、すでにサービスを提供しているお宅に先輩ヘルパーと一緒に訪問し、その業務を見て覚えていただく形になります。

 ブランクがある(実務経験がない)のに、いきなり一人で利用者様のお宅へ行くということは、原則ありません。

 また、利用者様ごとの仕事の流れは、先輩ヘルパーから教えてもらえるので心配いりません。

 高齢者や障がいをお持ちの方々のお宅を訪問し、1時間ぐらいの支援・介護をしていただきます。

 あなたの生活に合わせた働き方を考えていきますので、当センターまでお問合せください(電話:31-0100)。

6月 ヘルパー

「障がいヘルパー」のチラシです!

6月 訪問入浴

6月 Offer The Bathing 通信(訪問入浴ミニ新聞)

6月 ヘルパー

6月 ヘルパー通信(ミニ新聞)

6月 ケアマネジャー

6月 ケアマネジャー通信

5月 多機能サービスかみはなわ

スコップ三味線、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! その2

 「デイサービス」に引き続き、今回は「かみはなわ」のTケアマネジャーとK介護員による「スコップ三味線」、そして「花まる会」様の唄のお楽しみ会を開催しました。

 スコップ三味線は下手でもイイ、大事なのは「利用者様から楽しんでいただきたい」と思う気持ち!

 そんな職員の思いが伝わってか、2人の名(迷?)演奏の後には拍手やアンコールの歓声で、「かみはなわ」が1つとなりました。

 いつか、東恵園地域生活支援センターの事業所が集まり、「スコップ三味線」競演の催し物ができるとイイですね。

 「花まる会」様、今回も元気いっぱいの時間をありがとうございました♪

5月 東恵園地域生活支援センター

5月 園内研修(1on1ミーティング)

 2日に分けて、5月の園内(センター内)研修を行いました。

 法人全体で始まった「1on1ミーティング」について、職員全員でその目的や方法などを共有しました。

 「1on1ミーティング」は、部下の自主的な行動(成長)を促すためのコミュニケーションを目的としています。部下が主役、部下目線のミーティングです。そのため一方的なコミュニケーションではなく、対話型の質の高いコミュニケーションが求められます。

 また、意図的なコミュニケーション機会ともなり、当センター全体のコミュニケーションを円滑にするというメリットが期待できます。

 研修後半の演習では、上司がしっかりと「部下の成長のため」という目的を意識し、計画的に話を聞いて、効率的に時間を使うことが必要だということが分かりました。

5月 多機能サービスたぐちさんの家

フルーツ・ホットケーキサンド・デラックス・生クリーム添え・甘いものは別腹デリシャス

 雨が続き外出が難しい日々が続いていますが、「多機能サービスたぐちさんの家」では、フルーツ缶詰を使ったホットケーキづくりを行いました。

 ホットプレートで焼き上げたホットケーキに生クリームを乗せ、その上にフルーツをトッピングです。皆様でおいしくいただきました。

 オヤツを食べながら、「甘いものは別腹よ」という話題になりました。

 いつからそういった話があったのか利用者様と職員とで記憶を辿った結果、「50年ぐらい前」という結論となりましたこと、この場を借りてご報告いたします。

 楽しいおやつの時間になりました♪

5月 ヘルパー

ビーズアクセサリーづくり

 視覚障害を抱える利用者様が、ビーズアクセサリーを作っています。

 利用者様の可能性(できることがどんどん増えていくこと)には、いつも驚かされています。

 1年ぐらい前に報道されていましたが、「コロナ禍で、一人で歩いている視覚障害者が声をかけられる機会が少なくなった」というニュースを覚えています。感染防止の距離を保てない(距離が分からない)ことが原因のようでした。

 視覚障害を抱える方には、人による支援が必要な場面があります。 私たちヘルパーは、支援の継続と感染防止を両立させ今日も訪問させていただいています。

5月 デイサービス

音楽愛好会「ことね」様による演奏会♪

 音楽愛好会「ことね」様が、デイサービスに訪問してくださいました!

 歌だけでなく、手遊びを取り入れていただいたり、フルートやギターの演奏もありました。

 写真に写っているギターの男性は、2人ともデイサービスの職員です。

 「よっ!芸達者!男前!」「今日は一段とカッコイイね~」

 利用者の皆様も笑顔いっぱいで、ほっこりとした、とても素敵な演奏会でした♪

 音楽愛好会「ことね」様、ありがとうございました。

 <曲目> 春一番、夢芝居、東京ラプソディー、時代など

5月 ケアマネジャー

5月「まちっこカフェ」

 令和3年度も始まりました、「まちっこカフェ(認知症カフェ)」。

 5月は「鹿角市の認知症の取組について」と題し、あんしん長寿課介護予防班の柴森さん、高橋さんのお二人からお話をいただきました。

 専門用語は極力使わず、高齢者でも分かりやすい言葉で説明していただき、質疑応答でもたくさんの質問が出ていました。
 
 「まちっこカフェ」は認知症を抱える方やそのご家族、地域の方、専門職やボランティアなど誰でも参加でき、認知症にまつわる自分の思いを話せる安心できる場所です。

 「まちっこカフェ」では認知症について学んだり、情報交換や介護の悩みの相談などお一人おひとりがゆっくりとした時間を過ごすことができます。毎月18日に開催していますので、ぜひご利用ください。


5月 デイサービスてとてと

パステルアートに挑戦しました!

 「デイサービスてとてと」では、今年も利用者様と一緒に新たな作品作りに取り組んでいます。

 5月は、「まさかりかついだ金太郎」のパステルアートです♪
 
 職員がパステルを使ってお手本を見せますと、そのお手本よりも上手に、しかもご覧のとおり濃淡を使い分けた絶妙な色使いに仕上がりました。

 「初めてやったけどキレイに塗れた」「クレヨンと違って、表情が出る感じがイイね」など、会話しながら楽しく行いました。

 完成した作品はいかがですか?何だかほっこりしますよね♪


5月 デイサービス

スコップ三味線、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 数日前から、職員の休憩室にスコップが2本無造作に置かれていたのは見ていました。雪もないのに、どうしてスコップがあるのだろう?しかも、キレイなスコップだし。職員が片付けていないだけなのかな?と思っていました。

 今日、スコップの理由が判明しました。

 デイサービスのA介護員とN介護員による「スコップ三味線」、そして稲垣さんの唄のお楽しみ会です!

 「三味線はもっと足を広げて演奏しないとダメだぞ」などの掛け声と、初めてとは思えない演奏で皆さん笑顔で盛り上がりました。

 「今度はセンター内を練り歩いてほしい!」のアンコールに、次回のスコップ三味線が楽しみになりました。

 昼食には甘寿司などをお出ししています。昼食の写真をご覧になりたい方は、花輪ふくし会のFacebookを検索してください。

5月 十和田地域包括支援センター

「どまっこサロン」を開催しました。

 今月の「どまっこサロン」は田植えで休む方がいて少人数での開催でしたが、大いに盛り上がりましたのでご紹介いたします。
 
 レクリエーションは、「ふって ふって 落としましょう!」です。ペットボトルの中に入っている割りばしをひたすら出すだけのゲームですが、出口に割りばしが詰まって出てこなくなったり・・・大笑いでした。
 
 また、5月9日は「母の日」でしたので、ささやかですが職員手作りのカーネーションをお渡ししました。

 写真のとおり、「御食事処くらみせ」提供のお昼ご飯(ハンバーグカレー)とマッチした、それは華やかな食事となりました。
 
 来月も、介護予防体操とレクリエーション、お昼ご飯を準備してお待ちしております。
 
 <次回> 6月10日(木)

5月 多機能サービスかみはなわ

大湯のチューリップは「鉄板」ですね!

 桜が終わり、春のドライブ計画が遅れていましたが、本日、大湯方面へドライブへ出掛けました。

 目的地は皆さんご存知、大湯一本木のチューリップです!人気(ひとけ)を避けての穴場スポットというより、今では間違いなく、鹿角の人気(にんき)スポットの一つです。

 しかも、今日の鹿角市の最高気温は 21.2 ℃!(職員は半袖を着ています)。

 いい天気に恵まれ、利用者様にドライブとチューリップの花見を楽しんでいただきました。

 また来年も一緒に行きましょうね♪

5月 ヘルパー

皆さんのご家庭の洗濯機は、全自動洗濯機ですか?

 皆さんのご家庭の洗濯機は、全自動洗濯機ですか?

 ヘルパーが利用者様のお宅に訪問しますと、二層式洗濯機の方がいらっしゃいます。

 「今の若い子たちは、二層式洗濯機を知らないのよね~」

 え?私ですか?もちろん、ニ層式洗濯機を知っている年代です(* ´艸`)

 ですが、そこは若いふりをして(お話を合わせて)、時間設定の方法を教えていただいたりしています。

 それにしても二層式洗濯機は、取り扱いが簡単便利でイイですよね。高齢者の方々には、しっかり管理(使用)されている方が多いような気がします。

 ただ気を付けなければいけないのは、水が自動では止まりません。皆さん、ご注意を!

5月 デイサービス

少~し風が冷たかったのですが・・・

 少~し風が冷たかったのですが、行ってまいりました、大湯のチューリップ畑。桜の後のチューリップ!北国の春を感じます。

 さて、本日デイサービスを利用している方から希望者を車に乗せて、大湯まで片道20分ぐらいのドライブです。

 昨年訪れたときもキレイでしたが、今年はさらに鮮やかさを増したように感じました。毎年「色の配置(植え方)」が変わっているように思うのですが、いかがでしょうか。

 利用者様からは、「チューリップ好きにはたまらない光景だ」「いったい何万本あるんだ?」など、色々な話題が飛び交い、咲き乱れるチューリップに楽しませていただきました。

 毎年ありがとうございます!

5月 多機能サービスかみはなわ

あんこ入れすぎのオヤツをいただきました!

 先日、「お楽しみ談話会」を開催しました。利用者の皆様に招待状をお配りし、たくさんの方々に参加していただきました。

 その日のオヤツは、みんな大好き「山田商店の大判焼き」。写真のとおり「あんこ入れすぎの大判焼き」で、口の中だけでなく心も体も美味しいあんこで満たされたひと時でした。

 また、「多機能サービスかみはなわ」では、山田商店に縁のある方が利用しております。「お楽しみ談話会」では、ハムとチーズの「オランダ焼き」のお題があったとか、なかったとか。ちなみに昔は、「大判焼き」のことを「あに焼き」と呼んでいたそうですよ。

5月 ヘルパー

ヘルパーの仕事は「自立支援」が目的!

 利用者様の心身の状態が悪化しないように維持していく、あるいは今よりも良い状態になるように支援していくことが私たちヘルパーの仕事です。

 利用者様に薬を意識していただけるよう、日付などを確認してから服用するようヘルパーが声をかけています。

 利用者様ご本人ができることまでわざわざサポートせず、できないことがあるならできるようにサポートすることが、本当の意味での「自立支援」なのです。

5月 デイサービス

端午の節句の創作活動

 本日、5月5日「子どもの日」にまつわる創作活動で楽しみました。

 端午の節句には欠かせない「鯉のぼり」のクラフト工作です。「鯉のぼり」はシンプルな形ですので、簡単に作りやすくおススメです。折り紙とカラフルな画用紙を使って作りました。

 出来栄えはいかがですか?今にも泳いでどこかへ行っちゃいそう?

5月 デイサービスてとてと

中庭の草取りをしました!

 GW中日、今日は朝から雨降りでしたが、午後からは晴れ間ものぞいて過ごしやすい陽気となりました。

 「デイサービスてとてと」では、働き者のお母さんが大勢いらっしゃいます。また、週に数日来てもらっている看護師さんも、見た目に似合わず畑仕事(?)農作業(?)が大好きだとか。

 今年、デイサービスの中庭には、花をたくさん植えるのだそうです。そろそろ動き始める時期とのことで、皆さんから草取りをしていただきました。

 ありがとうございます!

5月 まちっこカフェ

「まちっこカフェ」のポスターです!

5月 デイサービス

「ことね会」様のポスターです!

5月 訪問入浴

5月 Offer The Bathing 通信(訪問入浴ミニ新聞)

5月 ヘルパー

5月 ヘルパー通信(ミニ新聞)

5月 ケアマネジャー

5月 ケアマネジャー通信

4月 デイサービス

シルリハ体操が好評です!

 令和3年度からスタートしました「シルバーリハビリ体操」略して「シルリハ体操」の一コマです。

 今回は2回目の開催でもあり、前回の評判を聞いてか参加を希望される方が多く、少し密集状態になってしまいました。「3密」を避ける対応は、次回以降の課題として残りました。

 さて、「ハビリスの会」様の体操により、利用者様からは「また頼む」「体も軽くなったようだ」などの声があり、とても好評です。

4月 十和田地域包括支援センター

オンライン相談、やってます!

 県外で暮らす娘さんから、親の要介護認定の申請をしたいと新規相談を受けました。

 「私たちの地域包括支援センターでは、LINEを使ってオンライン相談ができますよ」

 娘さんも「それはイイわね」と、包括専用のタブレットに友だち申請していただきました。

 バイタリティあふれる娘さんで、オンライン相談の様子を写真撮影していいか伺うと、「顔全体にモザイクかけてね」の条件付きで、写真撮影の承諾をいただきました。

 お互いの表情を見ながらのオンライン相談は、電話では感じることのできない「距離の近さ」がありますよね。

4月 東恵園地域生活支援センター

介護福祉士、おめでとう!

 介護福祉士、おめでとうございます!

 職員のMさんが、届いたばかりの「登録証」をわざわざ見せに来てくれました。いつもであれば、歓送迎会等で多くの仲間から祝福を受けるはずなのですが、、、。この先は言わなくても、皆様お分かりと思います(コロナ禍のため歓送迎会は中止)。

 介護福祉士資格の取得は、「福祉」のゴールではありません。ケアマネジャーや社会福祉士を目指して、この先もずっと学び続けていくことを期待しています。

 とにかくMさん、おめでとうございます!

 (※)勉強の秘訣は、しったげ(訳:たくさん)過去問を解くことだそうです。

4月 デイサービス

お花見ドライブ♪

 4月は暖かい日が多く、ここ秋田県鹿角市でも早めの桜の開花となりました。

 デイサービスでは毎年「花見ドライブ」を企画していますが、担当者はドライブのコースに悩みます。

 花輪スキー場から桜山公園(護国神社)を通って、米代川の河川敷は間違いないし・・・などなど。

 車内からのサクラでしたが、「きれいだった」「いいものを見せてもらった」などの声をいただき、利用者の皆様から春の季節を感じていただけたと思います。

 来年はコロナが収束し、ドライブだけでなく「花より団子」ができることを職員一同願っています。

4月 多機能サービスかみはなわ

すうじ盤の「100」に挑戦!

 「すうじ盤」とは、数字の書かれたコマを盤に並べていく、脳を活性化させるための療法の1つです。

 「すうじ盤」には「30」と「50」と「100」の3種類があり、高齢者の場合は主に「30」と「50」を使用します。

 写真の利用者様は、「100」が日課です。

 しかもっっっ!

 上下の写真を見比べていただきたいのですが、利用者様が取り組んでいる「すうじ盤」には、数字が書かれていません!

 どでしますよね?(訳:驚きますよね?)

4月 デイサービス

たくさんの曲目に、カ・ン・ゲ・キ!

 昨日の強風がウソのように、今日はとても暖かい陽気でした。

 デイサービスでは、今日「ハーモニカ同好会」にお越しいただき、演奏会を開催しました。

 「星影のワルツ」「瀬戸の花嫁」等たくさんの曲目に、歌詞カードを見ながら演奏に合わせて口ずさんだり歌ったり、中には手拍子をされたりする利用者様もいて、楽しいひと時を過ごすことができました。

 突然ですが「クイズ」です。演奏者の中に当センターの職員が混ざっていますが、誰か分かりますか?


4月 デイサービス

107歳の居眠りタイム

 今日はあいにくの雨模様ですが、昨日はとても暖かく、それはもう「お昼寝日和」でした。

 当デイサービスには、鹿角市最高齢(なんと!御年107歳!)の利用者様が通って来られています。

 しかも!この4月にとても嬉しいご縁があり、この方のお孫さんが当デイサービスに介護員として配属されました。

 「どうしてウチの孫がここ(デイサービス)にいるんだ?オレ、ボケたべが?」と、言ったとか言わなかったとか。

 気持ち良さそうな寝顔に、思わずパチリしちゃいました。

4月 十和田地域包括支援センター

今年度も「どまっこサロン」を継続します!

 先日、今年度最初の「どまっこサロン」を開催しました。少しづつ参加者数も増えており、ここ十和田地域で「フレイル予防」の意識が高まってきていると実感しています。

 さて、今回の「どまっこサロン」はシルバーリハビリ体操にはじまり、タオルを使った体操で身体をリフレッシュ!

 レクリエーションでは、「1000円」「1万円」と書いたティッシュを職員が高いところから落とし、いくら取れるか(儲けるか)を競いました。見学している人は、そのお金を取られないように団扇で風を起こす係です。(* ´艸`)クスクス、金額が大きいほど台風になっていました((´∀`*))

 今年度も「どまっこサロン」は【毎月第1木曜日、または第2木曜日】に開催します。参加を希望される方は、当センターまで事前にご連絡ください。(電話:0186-25-8264)

4月 多機能サービスたぐちさんの家

祝!開所4周年!

 利用者様やご家族、地域の方々のご支援のお陰で、「多機能サービスたぐちさんの家」は開所4周年を迎えることができました。

 おやつの時間は豪勢に、毛馬内の『芳○庵』さんに注文していたワッフルを頂きました。ここだけの話、職員もご馳走になりました((´∀`))

 「んめーな!おかわりある?」「美味しかったー」など利用者様の笑顔を拝見しながら、これまで「利用して良かった思われる事業所」を目指してきて良かったなと、改めて実感いたしました。

 これからも笑顔あふれる「たぐちさんの家」を目指してまいりますので、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


4月 多機能サービスかみはなわ

祝!開所6周年!

 4月6日、「多機能サービスかみはなわ」開所6周年記念の食事会を開催しました。
 
 手作りのおやつを食べ、くす玉を割り、当日利用されていた皆様で記念撮影を行いました。
 
 7年目も利用者の皆様に元気に楽しく過ごして頂けるよう、職員一同で「かみはなわ」を盛り上げていきたいと思います。
 
 これからもどうぞ宜しくお願いいたします!

4月 ケアマネジャー

「脳の活性化」はじめませんか?


 運動をしないと筋肉が衰えるように、脳を使わないと脳の働きも衰えると言われています。

 「脳の老化は計算と音読で防ぐことができる!」という「学習療法」の専門教材を使った「あたまの生き活き教室」を今年度も開催します。お気軽に見学、お問合せください!

 期 日:令和3年4月10日(土)から、毎週土曜日
 時 間:10時~11時くらいの間のお好きな時間
 場 所:福祉プラザ(花輪駅前「いとく」の隣)
 教材費:月額2,400円(自宅で毎日取り組める教材を含みます)
 内 容:脳を活性化させる簡単な読み書き計算、すうじ盤など
 対象者:物忘れを予防したい方、あたまを生き活きさせたい方など
 連絡先:0186-22-4080  はなわまちなかエリア


4月 多機能サービスかみはなわ

淹れたてのお茶は風味が違いますね

 「かみはなわ」では毎月1回、お茶の先生の淹れたての抹茶をいただくことができます。
 (S先生、毎月ありがとうございます!)

 焼きたてのどら焼きの甘さには、抹茶の「うま味」「渋味」「苦味」が良く合います。

 利用者様の中にはおかわりを希望される方もいて、また、先生の技術にも触れられ、お茶を深く楽しめると毎回大好評です。

4月 訪問入浴

4月 Offer The Bathing 通信(訪問入浴ミニ新聞)

4月 ヘルパー

4月 ヘルパー通信(ミニ新聞)

4月 ケアマネジャー

4月 ケアマネジャー通信

令和3年度 新年度のごあいさつ

令和3年度 新年度のごあいさつ

 日増しに暖かな陽気になり、東恵園地域生活支援センターも本格的な春の訪れを感じます。利用者様はじめご家族、地域の皆様のご理解ご協力をいただき、当センターも21周年を迎えることができました。これもひとえに皆様のご愛顧のおかげと、お礼と感謝を申し上げます。

 さて、令和3年4月1日より介護報酬が改定されました。一番の大きなポイントは、「感染症や災害への対応力強化」です。社会はコロナウイルスの影響で大きく変わりました。そのための特例的な評価として、令和3年9月末までの間は、すべてのサービスの基本料金に0.1%(自己負担1,000円に対し1円)が上乗せされます。つまり、利用者様の自己負担額が増えるということにつながっています。感染症対策に伴うマスクや使い捨ての手袋、エプロンなどの物品購入による負担も増大しており、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 私たちはこの先何があろうとも利用者様の生命と暮らしを支え、地域の安心を守るために職員全員が一丸となって困難を切り拓いてまいります。今年度もこれまでと変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 結びに、寒さがやわらいでいくとともに、コロナウイルスが1日でも早く収束することを願っております。お互い気を付けて過ごしましょう!

 令和3年4月1日  東恵園地域生活支援センター  センター長  花田優


3
1
0
5
7
7
TOPへ戻る